Profile

1950年 埼玉県所沢市に生まれる。
1970年 日本のロックの黎明期、"頭脳警察"でデビュー。洋楽のコピーが当たり前の当時、"日本語の歌詞"という珍しさもさることながら、オリジナリティー溢れる音楽性で高い支持を得る。日本のロックの元祖とも評され、若いミュージシャンに与えた影響は絶大で多くのフォロワーをうみだすことになる。
1975年 頭脳警察、解散。
1977年 ソロ活動を経て"PANTA&HAL"を結成。
1979年 70年代ロックの最高傑作といわれる『マラッカ』を発表。 当時の若者向け情報誌の人気投票では1位を獲得。斬新な音楽性と、近代未来都市…東京をリアルに描出したコンセプチァルな詩の世界との融合は、音楽ファンのみならず幅広い層からの支持を得る。 3枚のアルバムを残し、惜しまれながら81年解散、再びソロ活動へ。
1987年 作られる前に既に伝説になっていた大作『クリスタルナハト』を発表。
1989年 詩集『ナイフ』発表。この頃より、荻野目洋子、チェッカーズ、沢田研二など、ロック・歌謡曲問わず、他のミュージシャンへ多くの作品を提供。なお、荻野目洋子はプロデュースも手掛ける。 サザンオールスターズの桑田佳祐監督の映画『稲村ジェーン』に役者として初出演。個性的な演技で注目を集める。 語り下ろし自伝『歴史から飛び出せ』発表。
1990年 伝説として語られる頭脳警察を、1年の期間限定で活動を再開させる。 永らく幻のアルバムとなっていた旧作がCDで復刻。 さらに、再活動・頭脳警察のニューアルバム『頭脳警察7』発表。バンドブームに沸く音楽界にも大きな衝撃を与える。
1991年 全国ツアーの後、2枚のアルバムとビデオを残し活動停止。 頭脳警察の再活動の軌跡を追ったドキュメントブック『頭脳警察1990-1991』発表。
1992年 新宿日清パワーステーションを拠点に、『PANTAX'S WORLD』をシリーズで主催。 かつてのアルバム14タイトルが一挙にCD化される。時代をこえ、世代をこえ、多くのファン・ミュージシャンの支持を獲得してきたパンタの歴史は、そのまま日本のロックの歴史であるといってもいいだろう。 また、日本ハムファイターズの球団イメージソング『WILD DREAM』を作曲。93年から東京ドームで使用される。
1993年 2月 新宿日清パワーステーションにてスペシャルライブ開催。ライブレコーディングされ、4月にアルバム『NAKED』として限定発売。 12月 骨髄バンク登録推進キャンペーンイベント「Human Love Aid」を府中の森芸術劇場でパンタの呼び掛けで開催。Cher、泉谷しげる他多数のミュージシャンが参加。
1994年 1月 新旧頭脳警察のベストテイクを集めた『頭脳警察BEST 1972-1991』と、ソロ・PANTA&HALのベストテイクを集めた『プラハからの手紙★PLUS』を発売。 夭折した天才・山田かまちのアルバム『かまち』をプロデュース。ほとんどの作品の作曲も手がける。同年4月、キングレコードより発売。
1995年 "太陽の塔"の1stアルバムをプロデュース。11月発売。
1996年 "太陽の塔"の2ndアルバム・シングルをプロデュース。11月発売。
1997年 "横道坊主"の9thアルバムをプロデュース。10月発売。 マーク・ボラン&T.Rexのトリビュート・アルバムに参加。11月発売。
1998年 5月 新宿日清パワーステーションにてライブレコーディング。1993年発表の『NAKED』の続編、『NAKEDII』として同年9月発売。 7月 日活映画「天使に見捨てられた夜」(かたせ梨乃主演)出演。挿入歌『雨の化石』も手掛ける。 女流ハードボイルドの旗手として、今最も注目の作家・桐野夏生の原作を廣木隆一監督(1996年「ゲレンデがとけるほど恋したい」「MIDORI」等)のメガホンで映画化されたもの。パンタの役は、主人公ミロが慕う伝説のロッカー・トミー。
1999年 7月 「天使に見捨てられた夜」公開、同時に挿入歌『雨の化石』リリース。 12月 ロック界の奇才フランク・ザッパの7回忌&国内化30周年記念のベスト・アルバムをパンタセレクションで『PANTA from 頭脳警察 meets FRANK ZAPPA』としてリリース。 SUGⅠZO(ルナシー)、EL-MALO等のアーティスト・セレクションのCD計6タイトルも同時発売。 ちなみに頭脳警察というBAND名はフランク・ザッパ&マザーズの"WHO ARE THE BRAIN POLICE?"という曲からインスピレーションを受けてつけたもの。
2000年 新人ロックアーティスト"龍之介"のファーストアルバムをプロデュース。10月21日ファーストシングル「ラブソング」リリース。
2001年 5月 龍之介ファーストアルバム『歌留多』リリース。 6月 伝説のバンド"頭脳警察"を日比谷野音のコンサートより再々復活。1972年、ファーストアルバムとなるはずが発禁となり幻のアルバムと言われていた『頭脳警察1』をリリース。 6月9日 日比谷野音にて、10年ぶりの頭脳警察復活ライブ「We are the Brain Police」を開催。 8月末?9月 福岡・大阪・名古屋・東京にて「頭脳警察 2001 TOUR」を行う。
2002年 3月 "暗黒の宝塚"の異名をとる劇団「月蝕歌劇団」のアルバム『ネヴァーランド航海記』をプロデュース。 5月にリリース。 7月 久々のsoloスタジオアルバム『波紋の上の球体』リリース。 頭脳警察の70年代のオリジナルアルバム全6枚を同時リリース。 10月 東京厚生年金会館にて、四人囃子と「ROCK LEGENDS Vol.2」を開催。
2003年 1月・3月・5月 日比谷野外音楽堂での「WORLD PEACE NOW」に出演。 2月 開戦直前のイラクでの「イラク人間の鎖」に参加。 4月 頭脳警察の72〜75年の未発表ライブCD7枚、未発表映像DVD1枚を「LIVE DOCUMENT 1972〜1975」としてBOXセットでリリース。 9月 2月のイラク訪問記を同行した編集者の椎野礼仁氏との共著で「PANTAとレイニンの反戦放浪記」(彩流社)として刊行。 9月 スカパーの番組”ROOTS MUSIC”の為に収録されたPANTAとTOSHIの二人だけの頭脳警察のスタジオライブをDVDでリリース。 10月 かつて2枚組のアナログ盤でリリースされた「幻野」が青池憲司監督のドキュメンタリー映画「日本幻野祭・三里塚」とカップリングになった、「幻野」として復刻。
2004年 5月 PANTA&HALのオリジナルアルバム3枚と、TVK“Fighting80”出演時のライブDVDをボックスセットで複刻。 8月 書籍「頭脳警察・証言集」(河出書房新社)刊行。 10月 CD「頭脳警察 music for 不連続線」リリース。 DVD「2001.6.9 WE ARE THE BRAIN POLICE! 日比谷野音 頭脳警察」リリース。 2001年に蘇った頭脳警察の日比谷野音ライブをDVD化。 12月 DVD「万物流転」頭脳警察 ビクターエンタテインメントからリリース!1990年〜91年にかけて一年限定で駆け抜けた頭脳警察が残した朝霞米軍基地跡「CAMP DRAKE」でのライブ映像を中心にしたビデオ「万物流転」(91年2月発売)を初DVD化! 11月 ”響”という名で呼ばれることになる「PANTA featuring 菊池琢己」のユニット、仙台でライブ。
2005年 3月 大阪・名古屋・東京での「PANTA featuring 菊池琢己」 ツアー。 4月 上野水上音楽堂「WAKE UP!琉球」にPANTA featuring 菊池琢己 出演。 5月 CD「2002 NAKED TOUR PANTA LIVE AT DOORS」リリース。 8月 日比谷野音「日本を元気にした詩」に頭脳警察で出演。
2006年 1月 新宿Loft30周年記念LIVE出演。 4月 『秘密の花園』で初舞台経験。 8月 PANTA NEW BAND始動。まずは"不知火"で名古屋・浜松・東京ツアー敢行。 11月 新宿歌舞伎町・風林会館にて"陽炎"『CACA』レコーディング&完成記念イベント。 12月 『CACA』リリース。
2007年 1月〜2月 『CACA』発売記念ツアー「陽炎 the 1st Cruisin'」として、福岡・広島・松山・京都・大阪・金沢・名古屋へ。 2月 映画『幽閉者』、『キャプテントキオ』公開。 3月 新宿Loftにて「陽炎 the 1st Cruisin'」ファイナル。