KISS (1981年)

kiss

81年8月にリリースされたソロ・アルバム。作詞を他者に依頼して、アレンジは矢野誠に任せて、パンタ自身は作曲と歌に集中したポップ・ソング集。“スウィート路線論争”を巻き起こした問題作。 本来ならティーンエイジャーの時に歌っているべきポップ・ソングをー頭脳警察のラディカルなパブリック・イメージのためにーパンタは30歳を越えてから歌わなければならなかった、というところに誤解の種があった。

収録曲

  1. 悲しみよようこそ
  2. 涙にさようなら
  3. ひとりぼっちのモーニング
  4. ラジオと貝殻 霧の中の恋人たち
  5. 裸足のボニータ
  6. 恋のクレセント・ムーン
  7. 真夜中のパーキング・ロッド
  8. 涙のサンセット
  9. 思い出のラブ・ソング